KATATEMA

KATATEMAとは?about

副業比較で、ムリなく効率よく稼げる方法をお役立ち情報とともに紹介しています。

年功序列制度の崩壊により本業の収入アップが望めない昨今の経済情勢のなか、少しでも生活の質を改善させるために多くの人が副業を行っています

ネット環境やスマホアプリの発展・普及によって、以前よりも副業の選択肢が増えたおかげで、自宅にながら効率よく稼げるようになりました。

アルバイトや本業を上回る収入を得ている人も多く、副業案件を上手に活用すれば年収の大幅アップも夢ではありません。

そんな夢実現の一助になれるよう、KATATEMAでは口コミ評価や人気の高いおすすめの副業方法を比較やランキングで詳しく解説しています。

副業が盛んな背景

副業が盛んな背景

サラリーマンの平均年収は420万円となっていますが、これはあくまで全体の平均値であり、実際は300万円を満たない人も沢山います。

終身雇用も崩壊し年功序列もなくなった今、頑張って勤続し続けていても昇給の機会も少ないこの時世で、収入を上げることは非常に困難です。

収入アップを手っ取り早く実現する方法としておすすめなのが、本業とは別に収入を得る副業を始めることです。

ただし、副業という文字通り「本業」があるからこそ時間的・場所的な制約があるため、効率良く稼げる手段を正しく選ばないと収入も思ったように増えないのが現状です。

最近は、インターネットの普及によってクラウドソーシングと呼ばれるネット完結型の在宅ワーカー向けの雇用形態が誕生し、スキルや経験を活かして自宅に居ながら働けるようになりました。

また、スマホアプリの発達により、移動時間や休憩時間など時間や場所を選ばず副業ができる便利な時代です。

自分のスキルや経験が生かせるのはもちろん、空いた時間を活用して継続的に稼げる副業を選んでいきましょう。

会社にバレたくないと周囲には内緒で副業を行っている人は多く、あたなの周りでも副業をやっている人は意外と多いかもしれません。

副業を行うメリット

確実にお金を増やせる

副業をスタートするということは本業とは別の収入源の確保することになるため、収入を増やすことができます。

副業の種類によって報酬も様々ですが、株式投資やアフィリエイトで成功すれば現在の収入を大きく上回ることができます。

学歴や年齢に関係なく誰でも努力すれば平等に稼ぐことができるのが副業を行う最大の魅力です。

副業であれば失敗して収入がゼロになっても本業があるうちは従来の給与水準に戻るだけで済むためそこまで支障がないのが魅力です。

リスクヘッジになる

大手企業で働いていたとしてもいつ倒産するかリストラされるか分からない時代です。

副業をやっておけばいきなり収入がゼロになることもなく、副業を本業にすることでより報酬を上げることも可能です。

職を失ってから副業をスタートしてもある程度の報酬を得るためには経験と時間を要する種類もあるので、本業があるうちに始めておくことでリスクヘッジにもなります。

特に、少子高齢化社会によって社会保険料の財源確保は難しくなってきており、退職した後に満足のいく年金を支給されるかも不明です。

今のうちに本業と副業で多くの収入を得て資産を築いておけば将来のリスクにも対応することが可能です。

副業が本業に好影響をもたらす

副業を始めるには専門性の高いスキルや知識を身につけることでより高い報酬を得ることも可能です。

したがって、副業で経験したことが本業にも役立ち、相乗効果によって報酬をより一層高めることもできます。

本業のキャリアアップを目指したい人は、あえて副業する際は本業にも役立ちそうな分野で始めてみるのも1つの方法です。

また、異なる業界を知ることで視野が広がったり、違った角度から物事が考えられるなど、新たな発見や自分の可能性に気づけるきっかけにもなります。

副業はスマホ派orパソコン派?

スマホ派

スマホ派

スマホの普及率は右肩上がりで上昇しており、それに伴いアプリも様々なサービスがリリースされています。

パソコンでしかできなかったようなことも今ではスマホのアプリで簡単にできる時代で、副業についてもスマホやアプリを活用して場所や時間の制約なく稼げるものがあります。

アンケ―トを回答したり、アプリをダウンロードしたりすることでポイントを貯めることができるポイントサイトも今ではスマホのアプリで行うのが主流になりつつあります。

スマホならちょっとした隙間時間を活用してコツコツと作業ができるので、ポイントもより多く貯められるようになりました。

また、ネットオークションやフリマなども、今はスマホ完結でサービスを利用できるようになり、手軽に取引を行いお金を稼ぐことができるようになっています。

パソコンよりも利便性が優れているので、通勤時間や休憩時間など場所を選ばずコツコツと稼いでいきたい人におすすめです。

スマホで副業を確認>>

パソコン派

パソコン派

インターネットを活用してパソコンで行っていた多くの副業が、今ではスマホやアプリで手軽にできるようになりました。

それでもパソコンを利用すれば副業単価の高い案件がまだまだ多く、特にパソコンスキルが活用できる案件は単価も期待できます。

インターネット環境とパソコンがないとできない案件が多いため、副業として活動する時間は自宅にいる時間がメインとなります。

パソコンを用いればWEBデザイン、プログラミングなど高度な案件も受けることが可能になり、報酬単価も高くなります。

退社後の時間を使って副業の時間を確保できる人や、専業主婦の方で在宅可能な副業を探している人におすすめです。

ネットで副業を確認>>

副業の種類を比較

手軽さ 報酬相場 副業おすすめ度
アフィリエイト 100円~50,000円/成果
イラストレーター 500円~/1個
WEBライター 500円~1,000円/1記事
株・FX -50%~300%/投資額
SNS 0~100万円以上

アフィリエイト

アフィリエイトは自身で作成したブログやサイトに広告リンクを設置し、訪問したユーザーが広告リンクを経由して商品やサービスを購入した時点で成果が発生します。

案件によって単価が異なっていますが、高いものであれば1成果当たり10,000万円も珍しくありません。

ただし、個人だけでなく法人もアフィリエイトを事業として行っているため、副業など時間的制約があるなか高収入を得るのは非常に難しいです。

また、通常の労働であれば作業した分だけ成果が発生しますが、アフィリエイトの場合は時間を費やしても成果が発生しないことも珍しくありません

さらに、アフィリエイトで稼ぐためには検索順位で上位表示させるための施策(SEO対策)も必要となります。

大きく稼ぐ余地はありますが、知識とノウハウが相当必要になるため、手軽に働きたい方は他の副業をおこなうことをおすすめします。

アフィリエイトを詳しく確認>>

イラストレーター

イラストレーターの案件はクラウドソーシングを活用することで豊富に見つけることが可能です。

本業でイラストレーターをやっている人が活動しているだけでなく、趣味で絵を描くのが好きな人や得意な人も副業として行っています。

1時間足らずで簡単に作成できるものから企業のロゴ作成など時間を要する依頼まで様々であり、報酬単価にも大きく差があります

イラスト作成が好きな人は趣味の延長でお金を稼げるため副業としてはおすすめですが、ある程度の数をこなさないと一定の収入をえることが難しいです。

イラストレーターを詳しく確認>>

WEBライター

誰でも簡単に始められる副業として人気の高いのがWEBライターのお仕事です。

案件数も豊富でテーマや分野も多岐に渡っているので、自分が書きやすい案件でお金を稼ぐことが可能です。

一般的に1000文字程度のコンテンツ作成が主流で、馴れてくれば1時間でこなしていく事も可能なので、アルバイトの時給よりも高くなります。

また、語学力に自信がある人ならより高額な報酬が期待できる翻訳の案件もあるため、自分の知識やスキルを活かして副業にしている人がたくさんいます。

ただし、好条件の依頼に採用されるためには実績がある程度必要になってくるため、最初は単価が安くても実績作りから始めることをおすすめします。

WEBライターを詳しく確認>>

株・FX

株式やFX投資は、資産運用としても人気ですが、本業の収入を上乗せするために副業として行っている人もたくさんあります。

資産運用の性格が強いため、副業を禁止している企業でも行いやすいのが特徴で、副業がバレると大変な人におすすめです。

日中の時間が忙しい人は、基本的に週末以外は24時間市場が開いているFXがタイミングよく取引が行えておすすめです。

また、保有金額の数倍以上の取引によって大きな利益が期待できる信用取引と呼ばれる方法もありますが、最初から利用するとリスクが高いため注意が必要です。

株式やFXは利益をプラスになることもあれば、マイナスになることもあるため、まずは知識やノウハウを蓄積して徐々に取引高を上げていくと良いでしょう。

株・FXを詳しく確認>>

SNS

近年はSNSの発達および人気に伴い、これまではコミュニケーションツールしかなかったものが副業として収入を得ることができるようになりつつあります。

FacebookやInstagramをやっている人は多く、参入しやすいのが特徴ですが、副業としての選択肢はまだまだ限られているのが現状です。

SNSの中でも最も注目されている稼ぎ方がYouTuberであり、日本でも多くのYouTuberが誕生し、多額な報酬を受け取っています。

ただし、YouTuberは誰もが簡単に始められるだけあって、現状は飽和状態になりつつあります。

以前比べて広告単価を下がっているため、他にはないオリジナルコンテンツを絶えず配信し、多くの視聴数を稼げないと厳しいでしょう。

SNSを詳しく確認>>

page top