イラストレーター(WEBデザイン)

  • HOME
  • イラストレーター(WEBデザイン)

シンプルな案件も多いイラストレーター

シンプルな案件も多いイラストレーター

イラストレーターは、有名になれば高額な報酬も期待できますが、一般的には本業のみの収入でやりくりするのは難しく副業している人が多い業界です。

また、絵を描くのが得意だからと趣味の延長で副業としてイラストレーターの仕事を行っている人もいます。

イラストレーターの仕事は、クラウドソーシング上で多くの案件が募集されていますが、主な依頼内容はイラスト・キャラクター・ロゴなどの作成です。

単価は1個500円と安いものから、ロゴ作成なら50,000円を超える案件も数多く募集されています。

また、コンペ形式を採用している案件も多く、実績などがなくても依頼主に気に入られる作品を提案できれば受注できるのが魅力です。

イラストやロゴなどの作成に自信がある方は、積極的に提案していくと良いでしょう。

もちろん、受注数が増えて実績も作ることが出来れば、より高単価の案件やプロジェクト等にも参加できるチャンスが高まります。

バナー作成など短時間で作成できるのもあるので、本業が忙しいクリエイターでもお小遣い稼ぎができる副業には最適の業界です。

スキルを活かせるWEBデザイン

WEBデザインとは、パソコンまたはサマーとフォン上で表示するウェブサイトのレイアウトやデザインを構築することです。

デザインセンスはもちろんのこと、HTMLやCSS、JavaScriptといったサイトを表示するためのプログラミング知識が必要になってきます。

WEBデザイン関連の資格は沢山ありますが、別に資格がなくてもWEBデザイナーとして活動することが可能です。

したがって、WEBデザイナーと称する人は沢山おり、報酬単価もその分安くなってしまう傾向にありますが、副業することで大きく収入を上げることができます。

クラウドソーシングを閲覧してみると分かると思いますが、ホームページ作成の案件はたくさんあり、プロジェクト案件になると10万円を超えています。

ただし、イラストレーターのロゴ作成と違い、依頼主とミーティングを重ねて作成していくため、完成までにかかる時間は長期しがちです。

もちろん、1ページのみのコーディング案件など短時間で納品できる案件もあるので、副業に割ける時間やスキルを踏まえたうえで探していくと良いでしょう。

ホームページなどは、作ったら終わりでなく、定期的に修正や追加などが必要になってくるうえ、1社で複数のサイトを管理することが普通であることから、仕事に対する取り組み方や技術などが認められると継続依頼がもらえる可能性が高いメリットがあります。

ホームページ制作会社は給料が安いとよく言われていますが、副業を行えばWEBデザインでも高い報酬を維持していくことが可能です。

おすすめのクラウドソーシング

クラウドワークス 国内最大級のクラウドソーシング
ランサーズ WEB系やデザイン系の案件が豊富な大手クラウドソーシング
ココナラ スキルや経験を売買できるオンラインマーケット
デザインクルー コンペ形式で世界中のクライアントにスキルをアピール可能
ジョブハブ 人材会社で有名なパソナグループが運営

WEBライターはコチラ>>

page top