WEBライター

  • HOME
  • WEBライター

誰でも始められるおすすめ副業

誰でも始められるおすすめ副業

昨今のコンテンツマーケティングの重要性が高まっていることに伴い、企業やアフィリエイトサイトでは多くのコンテンツが必要となっています。

これにより、外部のライターにコンテンツ作成を依頼する案件が非常に増えており、副業として従事している人もたくさんいます。

WEBライターになるためには資格や経験などは必要なく、完全成果報酬型でやり取りはメールのみで完結できることから、自分のペースで働くことができます。

実際に、空いた時間を有効に使ってお金を稼げることから、会社員だけでなく主婦でもWEBライターを副業としている人が多いようです。

ただし、経験や実績がないと安定した収入を得ることは難しいので、まずは報酬単価よりも実績・経験つくりを優先してどんどん案件に応募していくことをおすすめします。

WEBライターの報酬

WEBライターの単かは、1文字いくらといった単価ベースで依頼していることが一般的であり、相場としては1文字0.3円~2円くらいとなっています。

また、1000文字単位での募集が多く、医療や科学技術など専門的な分野に関する執筆依頼ほど報酬単価は高くなる傾向にあります。

文章を書くことが得意な人であれば、1000文字なら1時間以内で作成することも可能なので、ある程度の数をこなせれば、毎月まとまった副業収入を確保することもできます

最初は馴れなくてもコツを掴めば、自ずと書くスピードも高まっていくため、単価が安くても案件の量である程度の報酬額をカバーできるようになります。

他のネット系副業と同じく、依頼主から評価を得られれば、毎月まとまった案件依頼を受けることも可能なので、より安定的な副業にすることだって可能です。

なお、ライターとして執筆を依頼されている案件のテーマは、株式や証券などの金融商品や、美容や健康関連が多いようです。

語学力を活かした翻訳

語学力に自信がある人なら翻訳を副業としてお金を稼ぐことも可能です。

案件は多岐に渡っており、専門知識が必要な医療系や法務系の翻訳もあれば、出版物や映像など様々です。

言語についても英語が一番多いですが、中国語も増えているほかドイツ語やスペイン語など様々な言語による翻訳が募集されています。

ただし、翻訳は語学力だけでなく、専門知識が必要になってくるのはもちろん、読みやすい文章に変換できる文章力読解力も求められます。

TOEICや英検で上位の成績を収められても、文章力や専門知識がないと良い文章を作成することが困難です。

したがって、まずは本業や趣味で培った知識と語学を活かして翻訳ができる案件がないかを探してみると良いでしょう。

ライター業よりも難易度が高い分、翻訳ができる方は報酬単価が高いうえに重宝されています。

ライター・翻訳案件はクラウドソーシングが効率的

ライターや翻訳の案件は、クラウドソーシングで多く募集されているので、複数のサイトに登録して仕事を探すのが効率的です。

登録は無料なうえ実績が無くても始められる案件もあるので、初心者でも採用されるケースがあります。

単価が高い案件ほど過去の実績を提示することが要求されるので、まずは単価が安くても実績作りのために案件の量をこなすことを意識して取り組むと良いでしょう。

クラウドソーシングの活用法としては、まず会員登録を行い自分の得意スキルや経験などを紹介します。

そして、後は自分ができそうな仕事を探して応募し、受注できたら指定日までに納品して報酬をもらうのが一般的な流れとなっています。

大手のクラウドソーシングほど案件数が豊富なので、まずは複数社に登録して案件を色々探してみると良いでしょう。

おすすめクラウドソーシング
クラウドワークス
ランサーズ
シェフティ
Shinobiライティング
Yahoo!クラウドソーシング

株・FXはコチラ>>

page top